ブラック企業にサヨナラ

ブラック企業にサヨナラ

世間を騒がせることとなった「ブラック企業」という言葉。
いくら、有名企業であっても、そこそこ給与が貰えても、社員の定着度が低く、離職率が高い企業はいわゆる「ブラック企業」です。

 

実は私もブラック企業で働いていたことがあるんです。
パートなんですけどね。
まずは、パワハラ当たり前怒鳴るわ騒ぐわうるさい!有給あってもまず取れない!残業代払えないからサービス残業は当たり前。
これじゃあ、新卒かなり辞めてしまうの当たり前なんです。
むしろ、頭の良い子ならここにずっといてもよいか考えるでしょう。
ですから、頭の良さそうな子はみんな辞めます(笑)

 

このような会社にずっといると物の価値観もずれてしまうので、早めに辞めるのが精神衛生上よろしいかと。
上になる人間が部下の不倫のゴタゴタを笑いのネタにしていてゾッとしましたね。
今までこのような会社に勤めたことがなかったので、ある意味勉強にもなりました。
しっかり勉強をしてちゃんとした学校を出るなり、スキルを身に付けないとこのような会社にしか入社できないのかもしれません。

 

まずは、休みがしっかりとれないと、リフレッシュできないのでやはり精神を病んでしまうんですよね。
定着率の高い会社というのは、しっかりと休みが取れていることがほとんどなので、恋人や友達、家族と旅行に行ったりできるんです。
実家に帰省して、骨休みもできるんです。

 

転職の際には、休みがどのくらいあるか?まとまった休みはあるのか?ここは大切なポイントです。
会社側が、社員を大切にしているかしていないかがよーく分かりますから。